ぴよママへの道☆

これから妊娠→出産→育児をむかえて、
   ママになっていくためのぴよ日記☆

←リヴリーのパキケ『ミリヒ』です♪
リヴリー仲間も募集中w☆
たまーに虫のモンスターがやってきます(><)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あたしが、子宮外妊娠の可能性を診断された時に、
ネットで手術のことについて調べました。
いろんな人の手術体験記を読むことによって、
「同じようにがんばった人もいるんだ!」と心強く感じ、
辛さや不安、怖さがだいぶ和らいだように思います。
そして、心構えや覚悟を決めることも出来ました。

自分の手術体験も、
今、押しつぶされそうな不安と辛さを感じてる人へ、
少しでも手助けができればと記載することにしました。

入院期間5日間の体験記なので、
非常に、とっても長いです。。。すいません。。。
了承していただける方は、続きへどうぞ!!

↓いつもポチッと応援ありがとうございますw。
 とても、ベビー☆待ちの励みになっています!(。TωT)ノ


ranQ 小   人気blogランキング   FC
ランキング にポチッと1クリックご協力ください
≪入院1日目:手術当日(金曜日)≫ 
 出血が始まって、19日目。 痛みなし。
 妊娠6週0日目。

10:00
夫婦二人で、いつもの不妊専門病院へ、
診断と紹介状を受け取りに行く。
右卵管部に胎嚢確認⇒「子宮外妊娠」とほぼ確定される。
タクシーで、総合病院にすぐ向かう。
11:00
総合病院での診察。
先生二人がかりで、超音波画像をみてました。
病院の先生と看護婦さんは、皆、優しく、とっても親切♪
ちょっとだけ、ホッとすることができました。
12:00
妊娠ホルモン(HCG)値を詳しく調べるため尿検査をする。
結果がでるのは、2~3時間後。。。
値によっては、即手術になるので、
いっさいの飲み食いを禁止される。
妊婦さんを見ていると泣いてしまうそうなので、
産婦人科ロビーから離れ、病院の受付会計ロビーで待つ。
(両親に、今日手術になるかもと連絡しておく。)
2:00
外来患者さんがいなくなってきたので、
産婦人科ロビーへ戻る。
「あと1時間で、全てが決まるね…。」
なんて話をしてると、診察室へ突然呼ばれた。
測定の途中結果で、
すでにHCGが10000以上になったため。。。
『緊急入院&緊急手術』が決定されてしまった!!
(最終的なHCG値は、16000くらいでした。)

手術の説明を受け、
開腹と腹腔鏡下手術の選択ができたので、
『腹腔鏡下手術』に決める。
<手術方法>
全身麻酔で、4ヵ所切開し、
腹腔内を二酸化炭素で膨らまして行う。
<切開箇所>
・おへその下(1cm):カメラ付きスコープ挿入
・左右2ヵ所腰骨の内側(各1cm):操作する鉗子挿入
・恥骨部(3cm):切除した摘出物を取り出すため
(切開部は、手術終了後、糸で縫うのではなく、
 特定生物由来製品でできている接着糊で、
 接着・閉鎖させるそうです。)
<切除優先順位>
1、卵管部分切除
2、卵管全切除
3、付属器切除(卵管と卵巣全切除)
実際に、お腹の中を見てみないと着床状況が分からないので、
上記優先順位により、切除処置は先生に任せました。
また、厚くなった子宮内膜を剥がすために、
『掻爬(そうは)手術』も行い、
残る左の卵管に、色の付いた液を流し、
通りの具合を調べてもらえるようにお願いした。

手術と輸血、特定生物由来製品使用の同意書の説明を受け、
それぞれ3枚に自分と旦那さんのサインをする。
(輸血は念のためで、
 あたしは、今回の手術では使われませんでした。)

急いで、手術前検査を受けます。
・採血(採血する小試験管が6本くらいあった。)
・尿検査
・胸部レントゲン
・心電図
・肺活量検査
(全身麻酔をすると呼吸も止まってしまうので、
 直接、肺に酸素を送り込むことを行うために必要な検査。)

3:00
手術前検査を終えて、診察室へ戻る。
先生は、入院病棟と手術の手配に、大変そうでした。
産婦人科病棟は、満員なので、
同フロアーにある、リハビリ科病棟に間借りすることに。
最初は、えっ!?産婦人科病棟に入れないの!??と
ちょっと不安になったけど…、
今、思うと、分娩入院や産後入院の人たちの
近くの部屋じゃなくてよかったのかなぁなんて思います。
ここの病院は、完全に母子同室なので、廊下でも、
赤ちゃんの泣き声が聞こえるしね。

今日は、腹腔鏡の専門の先生がお休みだったので、
急遽、呼び出して、手術してもらえるようになりました。
駆けつけOKしてくれて、ありがとうございます!!
この先生が夕方ころには、病院にこれそうなので、
6時には、手術ができそうだといわれ、
入院病棟へ案内される。
(家に入院準備はしてきてあったのですが、
 取りに帰る時間はありませんでした。。。)
手術するのに必要なものとして、
ディスポのパンツ(紙おむつみたいなもの)を、
売店で、旦那さんに買ってきてもらう。
手術後は、尿の管が入り、
血栓防止のため、
両足にマッサージ用フットポンプが巻かれるので、
普通のパジャマはまだ着れません!
病院の病衣(浴衣式)をレンタルする。(1日120円)

病室につくと3~4人の看護婦さんが待機していて、
なんだか慌しい…。
渡された手術衣に着替え、買ったディスポパンツをはく。
「大丈夫?痛くない??」とすごく心配してくれた。
ベットに寝ていてと指示される。
この間に、旦那さんは、入院の手続きをしに行く。
朝食以降、飲み食い禁止だったので、脱水症状ぎみ。
またも、採血。(もぅ血もなかなか採取できないよぉ。)
点滴を始めるんだけど、
もともと血管が細いのと脱水症状なのとで、
まったく針が刺さらない!
左手は諦め、なんとかやっと右手に点滴装着!!
右利きで、右に点滴だと不便なんだけど、しょうがない。
左手には、ネームバンドが着けられる。
麻酔で意識がなくなっても、これで本人確認をするらしい。
点滴を着けた後は、看護婦さんになされるがまま(笑)
あたしは、ずっとベットに寝たままです。。。
血栓防止のため、膝までの弾性ストッキングを履かされる。
マニュキュア・ペティキュアをおとされ、
爪も短く切られる。
そして、おへそをきれいにし、
お腹の産毛と、恥骨部までの毛を剃られます。
(かなり、くすぐったい!!)

麻酔医さんが、全身麻酔の説明と、
同意書にサインをもらいにやってきます。
麻酔後は、呼吸が止まるので、
口からノドに管支を入れ、酸素を供給するんだけど、
この気管挿管のため、術後ノドが痛むかもと言われました。
そして、腹腔鏡の先生が到着したので、再度診察を受ける。
その先生と今までの先生2人の3人で、
超音波を見ながら、なにやら打ち合わせをしてました。
緊急に決まった手術だけあって、とっても慌しかった。
「では、手術室の準備ができたら、始めましょう。」
と言われ、ベッドに戻り、ものすごく緊張。

5:30
手術の準備が完了。
病棟のベッドごと、手術室に移動する。
このベッドのまま移動するんだぁ!?とビックリしたよ。
小走りにガラガラと急ぐ途中に…、
「あっ、アクセサリー類はつけられないので、
 結婚指輪も外してください。」と言われて、
外して、旦那さんに預ける。
結婚指輪を外しただけなのに、急にものすごく不安になった。

手術室入り口前、旦那さんとは、ここでしばらくのお別れ。
「がんばってね!!」 「うん。。。」
入り口から中に入ると手術準備室になっていた。
手術の不安と赤ちゃんとの別れの辛さに、
ずっと我慢していた涙が溢れてしまう。。。
手術用のベッドに移され、
「がんばって!お帰りをお待ちしてますからね。」と、
病棟の看護婦さんに見送られ、ついに、手術室へ!!

手術室は、まるで、ドラマのセットみたいだった。
天井には、大きな丸いライト。
「あっ、なんかこういうシーンみたことあるなぁ…」
なんて、他人事のように思っちゃってました。
両腕をひらかれ、腕専用(?)の台にのせられ、
動かないように固定される。
もぅ、逃げられないって感じでちょっと怖い。
心臓はバクバク!
このまま時間が止まって欲しいと考えちゃいましたね。
胸と指に、心拍確認の装置が付けられ、
よく手術シーンで耳にする「ピッ…ピッ…」という、
自分の心拍を示す電子音が聞こえ始めた。
「では、麻酔を点滴内に加えていきますね。」
もぅ!??早い!!
腕がピリピリと痛くなりますと言われ、
麻酔が体内に入ってきてるんだと分かります。
口にも麻酔のガスがあてられます。
目蓋が自分の意思を無視して、
まるで、電動シャッターみたいに閉じてきます。
全部閉じ、目の前が暗くなる間に、
「大きく3回深呼吸しましょう…。 吸って…吐いて…。」
と聞こえて、指示に従う。
2回目の深呼吸の時に、完全に意識がなくなりました。
この間、だいたい20~30秒!!
麻酔って、すごいですねぇ。

手術開始から、1時間半~2時間後。
右卵管全摘出により、手術は無事に終了。
すごく遠くで名前を呼ばれてるような気がする。
まだ、麻酔が効いているんです。
ノドから、何かが引き抜かれるような感覚…、
たぶんこれが気管支だったのかな?
意識がなんとなく分かってきたときには、
入院病棟内に戻ってきてました。
目を開けようにも、体がまだ思うように動かない!
意識朦朧としながらも、とりあえず、痛い!!
よく覚えてないんだけど、
「いたい…いたい…。」って言ってたようで、
看護婦さんが、痛み止めの座薬を入れてくれました。
薬が効くと、我慢できない痛さじゃないので安心。
血栓防止の注射をする。
口には、酸素マスク。
尿の管も入れられてます。
両足には、いつの間にか、血栓防止のため、
マッサージ用のフットポンプが取り付けられてて、
一晩中、空気圧縮が繰り返されます。
なんだか、重病患者みたいだ。。。
同じ病室の人たちは、ビックリしたんじゃないかなぁ??
言われてたように、気管支挿入をしたためノドが痛い。
酸素マスクをしてるんで、余計に乾燥して、
水が飲みたくなるんだけど、飲み物禁止!辛い!!
旦那さんは、夜に帰宅。
1~2時間おきに体温と血圧を測りに、
看護婦さんがやってくるし、寝返りもうたせてくれる。
0時ころに、再び痛み止めの座薬をしてもらう。
手術当日は、あまり眠れないかなぁ。。。

≪入院2日目(土曜日)≫
朝7時頃、入院グッツを持って、旦那さんが来てくれる。
手術後に、ガスがでたら飲み物が飲めることになってます。
腹式呼吸や、腹筋を使うと傷口が痛いんだけど、
寝たままでは出にくいので、体を起こします。
病院のベッドは、パラマウントベッド♪
電動で、無理なく、上半身が起こせます。
入院中、すごく助かりましたよw♪
老後は、絶対パラマウントベッドにしようって思った(笑)。
なんとかガスを出せて、やっと飲み物解禁!!
24時間ぶりだ!
一口飲んだお茶が、ものすごくおいしかったwww♪
飲み物が飲めるようになったので、3日間の、
抗生物質のお薬も開始になった。
酸素マスク、フットポンプ、尿の管が外される。
術後の癒着を防ぐのと、回復を早めるため、
なるべく歩くように言われます。
(一人で歩くのはダメ!付き添う人がいないといけません。)
手術をしてくれた先生3人たちが、回診に来て、
手術状況などを教えてくれました。
あたしの右卵管は曲がっていたらしく、
そこに赤ちゃんが引っ掛っちゃったみたいです。
妊娠時に再度、引っ掛る可能性が高いために、
右卵管は、全摘出になったようです。
調べてもらうようにしてもらった左の卵管は、
今のトコ異常なし! ちょっと安心しました。
でも、2~3ヵ月後、卵管造影で再度調べます。
両親がお見舞いにくる。
お昼に、初めての食事。
流動食で、ALL液体…。食べるっていうより飲むだね。
因みに、3時には、野菜スープのおやつ。
(これも液体だけ。)
そして、トイレに行くため、術後、初歩き!!
点滴をカラカラ動かし、ゆっくり歩く。
ハッキリ言って、一歩一歩の振動が痛いよw。
午後には、点滴も外されて、腕が自由になりました♪
夕食は、3分粥。
食後、再び、少し歩く。
夜8時頃、旦那さん帰宅。
一人になり、痛みが落ち着くと、
お腹にもぅ赤ちゃんがいないという喪失感に襲われる。
涙が止まらず、術後初めて、泣いた。

≪入院3日目(日曜日)≫
朝、8時頃、旦那さんが来てくれる。
今日のご飯は…、
朝ご飯:5分粥
10時:ビスケット&ヨーグルト
昼ご飯:全粥
おやつ:バナナケーキ
夜ご飯:常食♪
で、夜には、通常食になることができました。
傷口も安定してきたので、子宮収縮剤のお薬が3日分始まる。
シャワーの許可がでたので、シャワーを浴びました♪
さっぱり、爽快!!
歩行は毎食後歩くようにして、徐々に動く範囲を広げました。
そして、今日…、ふと赤ちゃんが見たくなって、
今まで近づかなかった産婦人科病棟へいきました。
新生児室や分娩室がある場所には、関係者以外は入れない。
でも、子宮外妊娠の術後で入院してると伝えたら、
「そう。今回は残念だったわね。
 ほんとはダメなんだけど、特別に中を見せてあげる。」
と、案内してくれました。
ここの病院の人たちは、皆やさしいなぁ。。。
分娩室を見て…、
今度は正常妊娠で、この場に帰ってこよう!って決意した☆

≪入院4日目(月曜日)≫
出社前に、旦那さんが病室に来てくれる。
朝ごはんを病室で食べて、お仕事へ。。。
昼ごろ、母親がお見舞いに来てくれる。
シャワーを浴びる。
病院内にコンビニがオープンしたので、見に行きました。
退院診察で、明日の午前中に退院できることになる♪

≪入院5日目(火曜日)≫
朝6時、尿検査。
この結果によって、退院の最終許可がおります!
出社前に、旦那さんが病室に来てくれる。
病院での最後の食事を一緒にして、お仕事へ。。。
退院は、両親が手伝ってくれることになってます。
無事に、退院許可がでて、会計場所で、会計を済ませます。

・腹腔鏡下手術&掻爬(そうは)手術
・入院期間5日間
合計金額は、健康保険(3割負担)で…、
『141470円』でした。

着替えて、退院なんだけど、
傷口にあたるので、デニムが履けない。。。
入院時に、退院の時の服装まで考えてなかったぁ。
ミニワンピを着て、下にデニムをチャック全開にして着て、
車で家に帰りました。
自宅の階段を上るのが痛くて、辛かったかなぁ。
2週間後に、病院に診察に行きます。
それまでは、入浴はシャワーのみ!
後は、特に指示はなかったと思う。

入院中に絶対必要なのは、夜用ナプキン。
これを旦那さんに買ってきてもらうのは、
ちょっとかわいそうにも思うので、
用意しておいた方がよいですよ!!
後のものは、どうにでもできますからね(笑)。

子宮外妊娠の場合…、
自分の赤ちゃんを殺してしまったかのような罪悪感を、
感じてしまう人も少なくないと思う。
あたしも、同じでした。
でも、あまり自分を責めすぎないで!!
同じような体験をして、
新たにがんばってる仲間が、いっぱいいますよw。
一緒に、乗り越えて、がんばりましょうね!!

↓いつもポチッと応援ありがとうございますw。
 とても、ベビー☆待ちの励みになっています!(。TωT)ノ


ranQ 小   人気blogランキング   FC
ランキング にポチッと1クリックご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

うぅ~泣いてしまいますね。
私の場合は卵管を残してもらうように無理にお願いしたのですが、これがいけなかったかも。今でも、ちょっと調子悪いんです。いいかげん病院いかなかきゃなぁ・・・
つらい思いをした分だけ、きっとものすごく大きな幸せがやってくると信じて、お互い頑張りましょうね。
2006/06/19(月) 23:07:17 | |このはな #-[ 編集]

ぴよさん、本当に大変でしたね。そして、頑張りましたね。
私は中学生の頃、盲腸の手術をして術後の傷跡の痛さきつかったので、ぴよさんも大変だったと思います。

右の卵管、曲がってたんですねi-201
左は大丈夫そうなので、今度はきっときっと、正常妊娠できますね!
こんなに頑張ったんだもん。
絶対また赤ちゃんはぷよさんのお腹に来てくれるって信じてます。
2006/06/20(火) 07:41:12 | |mimi #-[ 編集]
初めまして
うるうるしながら記事を読ませてもらいました。
実は今私は子宮外妊娠の疑いが出て、今週金曜の診察待ちなのです。HCGの数値はそこそこあったのに、先週5w0dで何も見えなかったのです。
ぴよさんの不安だった気持ちと重なって、また、手術の話も大変参考になり、コメントさせてもらいました。
男性不妊の為、顕微でやっと出た陽性でしたが、毎日暗い!結果が怖いですが、少しは前向きにと思い始めました。
自分の事ばかり書きましたが、ぴよさんの体調が早く回復されることと、必ず赤ちゃんが戻ってきてくれることを心から願います。
2006/06/20(火) 08:18:06 | |レーズンパン #-[ 編集]

 読みながら泣いてました・・・ 
 本当に辛かったね、でも左の卵管は今のとこ異常なしでよかったね!!卵管造影検査もこの先やるんだね(T_T)私も去年卵管造影やったよ!私にとっては今までで一番不安な検査だったかな・・・
 だけど今回の手術も頑張れたぴよさんなら大丈夫だね(#^.^#)これからも順調に体調が回復するとイイね♪
2006/06/20(火) 08:38:36 | |ほっぺ #-[ 編集]
こんにちは★
ぴよちゃん、頑張ったね★私は盲腸で緊急手術&入院経験があるので、少しだけ記事の内容がよくわかります。
人それぞれ、いろんな事にぶつかって、いろんな思いをして、辛かったり、大変な事もあるけれど、
でも会いたい!赤ちゃんに会いたいから乗り越えて頑張れるんだよね♪
体をゆっくり休めて回復したら、きっとぴよちゃんのところへ赤ちゃんが戻ってきてくれるよ★
2006/06/20(火) 10:16:39 | |k♪ #-[ 編集]
はじめまして。
涙が止まらないです・・・
辛かったですね。
私は、子宮外妊娠は経験はないですが、流産を3回経験しています。
赤ちゃんを亡くす悲しみは、なんとも言葉になりません。

私も、卵管造影しましたよ!その結果、左の卵管が細くなってました。
なので、右からの排卵にかかってます!!
赤ちゃんが帰ってきてくれるように、これから一緒に、頑張りましょうね。

2006/06/20(火) 11:11:58 | |wakarin #TezqYSu.[ 編集]

ぴよちゃぁんe-328
良く頑張ったよお疲れ様i-199
私は全ての気持ちを理解する事はできないけれど
ぴよちゃんの一生懸命さ物凄く伝わってキタよi-176
大丈夫i-265
ベビタン は必ず戻って来てくれるi-260
2006/06/20(火) 15:08:29 | |まぉ #-[ 編集]

読んでて、すごい泣いてしまいました( iдi )
私も、6/15日に子宮外妊娠で左卵管を全部取ってしまったので、なんだかリアルに感じて><
これからの茨の道は、花畑につながる道だと、友達が励ましてくれました!ぴよさんも一緒に花畑目指しましょう☆
2006/06/20(火) 15:46:47 | |ツキ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/20(火) 16:10:48 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/20(火) 16:36:55 | | #[ 編集]
ほんっとーーーに
大変やったんやね。
術後って痛いよね。
アタシもそんな大手術はしたことないけど(麻酔も部分麻酔)終わったあとは痛みで涙が止まらなかったもん。よく考えたら親知らずを歯医者で抜いてもらったあとも痛くて死にそうやったもん。もっともっと、痛かったんやろなぁ。
本当によく頑張ったと思うよ。しかも、他の方への気配りもしてるなんて、ぴよちゃんにはいっぱい勉強させられちゃうなぁ。
2006/06/20(火) 16:43:47 | |ベル #-[ 編集]
大変でしたね
ぴよさん、初めまして。前々からロムはしていたのですが、コメントを残すのは初めてです。

妊娠~手術までの気持ちの変動は、ぴよさんにとって非常に辛いものだったと思います。
今は無理に前を向こうとしなくていいので、ゆっくり気持ちを休めて下さいね。
2006/06/20(火) 17:09:48 | |ぶーすか。 #Zk/lHUeI[ 編集]

本当に辛かったですね・・・でも、やさしいご主人がいてくれてぴよさんは幸せです。

私は今高齢不妊治療専門の病院にかかってますが、50歳寸前の方々も多く通院しています。そして、院長先生いわく「女性は卵がある限り必ずといっていいほど妊娠できるもの!」と自信満々に多くの患者さんの治療にあたっています。

ぴよさんの今回の経験は辛いものだけど、希望は120%あるので、これからに向けて夢を持って過ごしていって欲しいです☆
2006/06/20(火) 17:58:42 | |ニニタン #-[ 編集]
頑張って!
初めまして。先月ぴよさんと同じ時期に出血が始まった関係でこのブログを発見し、それ以来ずっと拝見してます。前回から応援のコメントを残そうと思っていたのですが、何を言ったら良いのか分らなくて今になりました。ただただ、頑張って下さい、と言いたいです。心から応援してます。それから、私を含め、多くの読者のために貴重な情報を提供して下さって有難うございます。こんな大変な時期に、私だったらブログをアップデートする気力もなくなってしまうかもしれません(いや、間違いなく)。ぴよさんのたくましさに乾杯です!これだけ気力があれば、必ず望みはかないます!v-218
2006/06/20(火) 20:27:22 | |Sakuranbo #-[ 編集]

友人から色々と聞いていたので、だいたいのことは分かってましたが、改めて文章で読むと本当に辛かったねi-241
友人は3箇所切開だったそうです。盲腸でもないのに、お腹の傷を見ながらお風呂は辛いけど頑張るんだ!って言ってます。
何かあったら、友人にも話を聞きますから、メルフォからメール下さいね。
今はまず、心身ともにゆっくりして下さい。
2006/06/20(火) 23:23:58 | |あき #-[ 編集]

コメントありがとうございます><
ぜひぜひ、また遊びにきてください(n'∀')ηすごい、うれしかったです☆
まぉさんのこと、一緒にがんばって行くことで応援できたらいいと思います(自分が励まされるといいますか・・ヾ(´▽`;)ゝ )。
2006/06/21(水) 09:15:12 | |ツキ #-[ 編集]

はじめまして。
私も昨年の年末に子宮外妊娠の可能性があると言われ、
ネットでいろいろと調べたことがあります。
結局、妊娠初期の流産でしたが、
子宮内の残留物を取り除くために手術をしました。
なので、ぴよママさんの文章からいろんな気持ちが伝わってきて、
胸が痛くなりました。
今はゆっくりと身体と心を労わって、
早く元気になってくださいね!
神様はきっと赤ちゃんを授けてくれると思いますよ☆
2006/06/21(水) 09:43:21 | |らっか夫人 #-[ 編集]

ぴよさん、ほんとに辛かったね。
そしてすっごくがんばりましたね!
読んでたら、涙が止まらなくなりました。
ぴよさんはこの経験を通して、すっごく強くなったんだ・・・って感じる事ができました!
強くなったぴよさんの元に、絶対ベビちゃん戻ってきてくれますよe-266
今はゆっくり休んで体調を整えて下さい。
私も突然お休み期間になってしまったのですが、
また一緒にベビ待ちしましょうね(≧∀≦)
2006/06/21(水) 12:14:24 | |mina #-[ 編集]

ぴよちゃん
お疲れ様。ほんとに辛い思いをされた事と思います。経験がない私も記事を読んでて涙が出てしまいました。同じ経験をされた方にも励ましの言葉まで出るぴよちゃんはほんとにやさしい方ですね。きっと神様は見てます。コウノトリさん絶対やってきますよ。
2006/06/21(水) 14:32:12 | |チムチム #-[ 編集]

じっくり読ませたもらいました。
今回はほんとに残念な結果に終わってしまったけど
必ず赤ちゃん戻ってきてくれると思うv-237
だからピヨちゃんも自分を責めないで!!
一緒にがんばろうねv-238
アタシは今日初AIHをしてきました。
2006/06/21(水) 17:34:30 | |ピノコ #-[ 編集]

ぴよさん、はじめまして。
私も1年前に子宮外妊娠で右卵管切除(しかも開腹手術)しました。読んでいて人事とは思えなく、コメント残させてもらいます。ぴよさんのお気持ちお察しします。よく頑張りましたね。だから、しばらくの間は頑張らなくて良いと思う。ゆっくり休んでください。だって、じゅうぶん頑張ったんだもの。必ずbabyちゃんはぴよさんのところに戻ってきてくれるはず。私もそう信じて1年間過ごしてきました。ある人に言われました。神様は乗り越えられる人にしか試練を与えない・・・と。初めはなんで私がこんな辛い目に合うの?と思いましたが、今となればbabyちゃんのおかげで成長させてもらえたなと思っています。お互い辛い経験をしましたが、その分私たちの未来には幸せが待っていると信じましょう。そして、近い将来にお互いコウノトリがやってきたと報告できることを信じてv-343
2006/06/22(木) 11:19:59 | |yummy #-[ 編集]
はじめまして。私も同じ経験をしました。
3年前、子宮外妊娠、開腹手術をしました。私の場合は 左の卵管に着床のあとは見られたものの、赤ちゃんが見当たらず、開腹手術しか術がありませんでした。結局、子宮の後ろに赤ちゃんが落ちていました。写真で見たのですが、今でも赤ちゃんに申し訳ないという気持ちで涙が出てきます。
もともと生理不順で妊娠出来るか心配でしたが、半年後、卵管造影もせず、自然妊娠ができ、今は2歳の女の子のママです。
ぴよさんも今はとても不安だと思います。私の周りでも子宮外妊娠のあと、自然妊娠をして3人のお子様を持つ方もいらっしゃいますので、必ず赤ちゃんが出来ると自信を持ってください。応援しています。頑張ってください!!

ちなみに、私も今、2人目が欲しいので 不妊治療をしています。
2006/06/23(金) 00:38:31 | |ももちゃん #C1fHLXVw[ 編集]

はじめまして。
実は私もつい先週、子宮外妊娠で手術をしました。
出血が始まり不安でネットを探索してる時にこちらのブログを見つけ、それ以読ませていただいています。
私も初めての妊娠だったので本当にショックでした・・
でも、ぴよさんの日記を読んで本当に励まされています。
ありがとうございます。

2006/06/23(金) 18:59:51 | |えみこ #LDBSOU5w[ 編集]

コメントをくれた皆さんへ>

急遽、1週間ほどブログをお休みさせてもらってました。
お返事が遅くなり、しかもまとめての返信なってしまい、すいません。。。
たくさんのコメントをありがとうございますw♪
感謝!感謝ですw!!
同じように辛い体験をされた方や、ベビー待ちをがんばってる方に、1日でも早くベビーちゃんがきてくれますよーに☆
お互いにこれからも、がんばりましょw。
2006/06/29(木) 13:31:59 | |ぴよ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/26(土) 00:54:31 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://piyocs.blog34.fc2.com/tb.php/152-cbb3e113
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。