ぴよママへの道☆

これから妊娠→出産→育児をむかえて、
   ママになっていくためのぴよ日記☆

←リヴリーのパキケ『ミリヒ』です♪
リヴリー仲間も募集中w☆
たまーに虫のモンスターがやってきます(><)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の基礎体温 【37.09】℃
周期21日目(高温期5日目)です。

2日の基礎体温 【36.69】℃周期17日目(高温期1日目
3日の基礎体温 【37.18】℃周期18日目(高温期2日目
4日の基礎体温 【37.08】℃周期19日目(高温期3日目
5日の基礎体温 【37.14】℃周期20日目(高温期4日目

更新が久しぶりになってしまいました。
実は、今週は、大変な状況だったんです(lll´Д`)━!!

月曜日のいつも通りの朝…、家事が一段落して、
2Fのリビングで、ブログの更新をしていた時。。。
だんだんお腹が痛くなってきたんです。
下痢かなぁ…と、すぐに1Fのトイレへ!
「もしかして、昨日のお寿司があたったの!?」
なんて思ってたんだけど、全然お腹は下らない
吐き気がないから、食あたりじゃない??
「じゃ、急性腸炎とか!?」

考える間もどんどんお腹が痛くなってくる。
5分くらいすると、蹲るほどの痛みに(||| _ _;)ノ
その後も、さらに痛みが増してくるし、
しかも、右側だけにくる激痛!!
もぅ立ち上がることさえ出来ないんです!!
今まで、市販の薬で凌いでた生理痛や、
この前の卵管造影の痛さなんて、
痛いと呼べるもんじゃないなんて思うほど…、
今回のこれこそ、まさに激痛!!

悶絶するあまりの痛みによる吐き気もでてきて、
気を抜くと、そのまま気絶してしまうだろう状態。
家には、自分ひとりだけ。。。
「誰かに連絡しないとヤバイ!!」
でも、電話は2Fじゃないの!?階段のばかぁ~~
必死の執念で階段を這いずり、電話にたどり着くと、
体力&意識も、そろそろ限界。。。
同じ専業主婦で家にいるだろう実家の母に連絡したら、
尋常じゃない切羽詰った声に、母もビックリ
タクシーで駆けつけるから、病院にいく準備をして、
我慢しすぎずに、救急車を呼べと言われた。

あたしは、日ごろ防犯意識から、ドア鍵だけじゃなく、
ドアチェーンもかけてるんです。
このチェーン外さないと誰も家に入ってこれないじゃん!
服はスウェットのまま、財布と携帯と家の電話を持ち、
再び必死の思いで階段を降り、玄関へ。。。
ドアチェーンと鍵を全部開錠して、その場に蹲る。
激痛は…、きっちり右側のみ。立ち上がることはできない!
右側の下腹部は、生理痛に近い激痛で、
さらに、右側の背中から腰にかけては、
足を釣った時のような激痛!!
痛すぎることによる吐き気と、変な汗と涙。。。
意識が遠のいていく。。。もぅ限界だ!!
ついに、『119』に助けを呼ぶ。
すると救急車から折り返し電話にすぐ連絡が来て、
10分後、『救急車』が到着!!
と同時に…母もタクシーで到着。

救急車で搬送されるのは、これが初めて。。。
ストレッチャーで、救急車内に運ばれると、
カラダの状態や、今通ってる病院の事やのんでる薬、
最近かかった病名など、いろいろ聞かれるんだけど、
「なんでもいいから、早く病院に連れて行ってくれ!!」
と半ギレで、思ってた
(↑助けに来てくれた人なのに、罰当たりですいません。)
外妊の手術や、排卵誘発剤を使ってる事から、
3ヶ月前に退院した病院の産婦人科に搬送決定!

悶絶する激痛のなか、超音波診断
もぅ痛みで死にそうな気持ちですw。
坐薬と点滴で、痛みもだいぶ和らいできて、
尿検査と血液検査もしました。
結果は、排卵した時の卵胞液や排卵時出血が、
多く体内に溜まってるからだろうってことでした。
いわゆる『排卵痛』ってヤツです!!
卵巣に腫れもなく、子宮内も異常なし。
病気ではなく、生理痛と同じく生理現象みたい。

夕方、坐薬を処方され、病院から帰ってこれてたんだけど、
坐薬の効き目が切れる6時間後くらいになると、
悶絶激痛が復活してくる。。。
あたしは、坐薬使うのにちょっと抵抗があったから、
先生に、市販の痛み止めでも飲んでOKと言われたし、
いつもの生理痛のときに使うのを飲んでみた。
でも、まったく悶絶激痛には効き目がなし(TT▽TT)
おいおい!市販の痛み止めが効かない「痛み」って…、
なんなのよぉwww
慌てて坐薬を使うと、10分後くらいに痛みが和らぐ
坐薬様~あなたがいてくれてよかった~
それでも、2時間おきくらいに痛みで起きて寝れない。
旦那さんも心配そうに看病してくれて、ほんと感謝

翌日に、旦那さんと、いつもの不妊病院へ行きました。
昨日の状況を説明して、診察してもらうと、
やはり、体内に排卵時の卵胞液や出血が溜まってるから、
それに刺激されて痛みがおきてる可能性が高く、
初めての「排卵誘発剤」に、
右側が想像以上に過敏に反応したかららしい。
それにしても、坐薬を使わないと立ち上げれないほどの、
ここまでひどい「排卵痛」は、珍しいらしく、
一種の誘発剤による副作用に当てはまるみたい。
今回3個の卵胞が同時に排卵したからねぇ

生理現象なんで、安静にして、痛み止めを使い、
乗り過ごすしか方法はないようなので、
また、坐薬を処方してもらい、自宅安静。。。
坐薬を使い、7~8時間後には、
立ち上がれない気を失うほどの悶絶激痛に襲われ、
再び、坐薬を使うの繰り返し!!
なんで、あたしはこんな目に合わないといけないんだろ??
ただ、ベビーが欲しくて、
治療をがんばってるだけなのに…。
治療を進めれば進めるだけ、辛いコトも増えていく。。。
正直、不妊治療の怖さを改めて思い知らされた気がする。

そして、昨日(木曜日)。
もらっていた坐薬も残り僅かになり、
痛みも変わらない事から、急遽診察してもらう事に!
すると、前回(火曜日)よりも、
体内に溜まってる液体が増えてるとのこと
排卵後。。。
破けた卵胞は、黄体に変わるんだけど、
これが以外と脆いものらしく、出血しやすいようです。
この黄体からの出血が続いてるかもってことで、
止血剤と血管を強くする薬そして、坐薬を1週間分処方!
坐薬は、妊娠中は使わないほうがいいみたいなんで、
病院で、血液による妊娠ホルモン測定も行った。
結果は…、妊娠ホルモンの増加なし!!
こんな痛い思いをして、しかもベビーもダメだったなんて、
凹む結果だわ~(/TДT)/

坐薬を使ったのが昨日の15時くらい。。。
止血剤などの薬を毎食後飲み、
迎えた今日の金曜日
薬が強いのか?胃が荒れて気持ちが悪いけど、
4日間の悶絶激痛が、ウソのように消えたよwww
例えるなら、辛かった生理痛が、
翌日にはキレイになくなる感じと同じだと思う。
でも、まだ今のところね。 油断は禁物!!

実は、明日から6日間バリ旅行に行く予定だったんです。
諦めてたんだけど。。。
もしかしたら、キャンセルせずにいけるかも
(↑こんな思いをしても旅行に行こうとする執念(笑))
どうなるかは、明日の朝まで待とうと思います。
痛みがない生活って、すごく幸せなことだね

今回の排卵痛を経験して、
このまま誘発剤を使う事が、はっきりいってすごく怖い!
錠剤1錠と最も下のレベルだったのに、この惨事。
また同じようになるとは限らないけど、
繰り返す可能性はあるんだよね。。。
耐える事しかできない悶絶激痛の日々は、拷問みたい
ベッドの上でのた打ち回るのは、辛い!!
それでも、誘発剤を使わないと左から排卵されない。
左の卵管しかないあたしには、
リスクがあっても使わないとベビーと出会えない!!

なんで?自分だけこんなめに??とか、
あ~すればよかった? こ~すればよかった?と、
振り返って考えるのは、やめようと思う。
振り返れば、怖さも増すし、凹む…進めなくなる。
先へ!前へ! 気持ちを向けていこう
これからどうすれば良くなるか?を、
前向きに考えていった方が、
きっといい事があるはずだよね
今、治療で辛さを味わってるヒト、
ベビー待ちを一生懸命がんばってるヒト。。。
共に、辛さを乗り越えてがんばりましょうね

最後まで、読んでくださりありがとうございます♪
コメントの返信や、
みんなのブログへの訪問がとても遅くなると思いますが、
どうぞ、お許しくださいね

↓いつもポチッと応援ありがとうございますw。
 とても、ベビー☆待ちの励みになっています!(。TωT)ノ


ranQ 小   人気blogランキング   FC
ランキング にポチッと1クリックご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。